IMG_4878

絵本界のレジェンドなので、内容については多くを語ることはしません。

ただ、一つ。
この絵本に関してはBGMと一緒に歌うように読むのがとても良い!ことを力説したい。

そもそも、そのことを気づかせてくれたのは、うちの子どものリトミック教室の先生でした。

まだ少し斜に構えていた自分が、たまたま妻について行った時に、リトミックの先生は恥ずかしさなど微塵も見せずに、まるで劇団四季かのように、歌とあおむしくんの人形劇を披露してくれました。

正直少し笑ってしまったのですが、子どもへのその劇の破壊力たるや。。
また、自宅に帰ってからも口ずさむ自分にハッと驚いた記憶があります。

子どもからの強い要望により、歌をマネるも全く先生のような躍動感は出ず。。。

困り困って気づくと自分はYouTubeで調べていました。すると。。。。

これです!

我が家ではこれをBGMのようにしながらミュージカルさながらに読みます。細かいこというと、最後のさなぎから蝶になって羽ばたくところは絵本を豪快にバッサバッサ動かしながら飛んで去っていく様子も再現。これが大ウケ。

絵本でその作品にあったBGMをつけることは、イマジネーションの幅をやや狭める恐れもあるので、毎晩毎晩は推奨しませんが、たまにはショーを見せるつもりでやってみてもいいかもしれませんね。


スマホとのクロスメディア!