FullSizeRender

 要するにどんな絵本なの?
ぼくもきみも、どうぶつたちも、うちゅうかあさんから生まれた「たまご」なのです。

 おススメするポイントはどこなの?
荒井良二氏のダイナミックなペインティングに芸術的感性を刺激される

 文字量 
ふつう

 読み聞かせ所要時間 
 6分

 象徴的ひとこと
たまご たまご ちきゅうたまご!

 絵本ハンターの鑑賞記録 
「読む」絵本でなく、「感じる」絵本です。
壁面にインクを重ねて描いていくように、「たまご」をキーワードとした、生命の歌が声高らかに響き渡ります。
にわとりが先か、たまごが先か、、ひさびさにそんなことを考えながら、にわとりのような「うちゅうかあさん」を眺めてしまいました。

このブログを書き始めて以来、一番「感想」を文字にするのが難しかった作品かもしれない。
ただ、鮮やかな、そして明らかにエネルギーを持った絵は脳裏に焼きつくのです。

 子どものつぶやき・反応実例
これは絵の具で描いたのかな?色鉛筆かな?

おうちの方へ(特にお父さま)- 留意事項
たまに模造紙くらいデカい紙を広げて、子供と無心で絵を描くとなんだか楽しいですよ。