FullSizeRender

 要するにどんな絵本なの?
「上野(うえの)動物園」に対して、「したの動物園」。ダジャレのオンパレード動物園ですわ。

 おススメするポイントはどこなの?
・ダジャレは意外と右脳を刺激するのだと実感
・こどもウケ抜群。リピート必至。

 文字量 
・ふつう

 読み聞かせ所要時間 
6分

 象徴的ひとこと
したのどうぶつえんだって!おもしろそう。いってみよう!

 絵本ハンターの鑑賞記録 
全力でふざけていただいたら右に出るものはいない、あきびんご氏の傑作!
最初タイトルだけ見て「?」でしたが、徐々に「うえのどうぶつえん、、したのどうぶつえん、、、上と下?ギャグ?いや、まさかな、、、」と思ってたら、ほんとにそういうノリだった。笑

あいかわらずのくせのある中毒性の高い絵で、ダジャレまみれの動物たちが次から次へと登場します。

のこぎりん、くまくるま、えらいおん、けらいおん、わにんじん、すいかば、りんごりら...と、こういった調子。

子どもはしりとりに代表されるようにことば遊びも大好き。こういう絵本が空想力や、1+1=2にとどまらない発想力を鍛えてくれる気がしてならないのです。


 子どものつぶやき・反応実例
色々と自分もダジャレを思いついたらしく、たくさんネタを出してくれましたが...まだまだイマイチクオリティでした。笑

おうちの方へ(特にお父さま)- 留意事項

京成電鉄の上野と日暮里間に「博物館動物園駅」という地下駅があったそうです。2004年に廃駅とのことですが、立派な入り口はまだ残っているそうです。中も一時一般公開していたようですが...なんかロマンを感じます...