FullSizeRender

 要するにどんな絵本なの?
あらゆる動物の「逃げる」瞬間にスポットライトを当てた絵本

 おススメするポイントはどこなの?
・危機回避の方法は動物によってバラエティ豊かだと知れる
・逃げることも立派な決断だと励ましてくれる。

 文字量 
少ない

 読み聞かせ所要時間 
3分

 象徴的ひとこと
きょうも ちきゅうのあちこちで いきものたちが にげている。

 絵本ハンターの鑑賞記録 
「逃げるなんて卑怯だぞ!」とか「男なら問題から逃げるな!」とか、言われたことある人もいるのではないですか?

いいしゃないですか。逃げたって。
敵に背を向けて逃げていいではないか。
また、立て直してやり直せばいい。

本作では、インパラやイセエビ、ホタテガイ...などなど、それぞれどうやって逃げるかダイナミックに描かれている。

死んだら終わりなんだよ。
この絵本でも、眩しいくらいのイラスト共に力強くメッセージは投げかけられる。
「皆、あしたがあるからにげている」
と。

責任感の強さで自分を追い込み過ぎてブラック企業の犠牲になっている人も多い。
そんな人たちにも、ワールドワイドなあらゆるいきものたちの立派な「逃げざま」は、強いメッセージとして残ると信じてやまない。

 子どものつぶやき・反応実例
すげー、ホタテガイってこうやって逃げるんだね!

おうちの方へ(特にお父さま)- 留意事項

動物図鑑は数多くあれど、こういう逃げ方大全みたいな図鑑あれば面白いと思うんです。