こども国語ブログ

「海外」を「貝外」と書いていた息子。 あまり本も読まない息子にピッタリの勉強法をあの手この手で模索する記録ブログです。

こども国語ブログ イメージ画像
「海外」を「貝外」と書いていた息子。
あまり本も読まない息子にピッタリの勉強法をあの手この手で模索する記録ブログです。

2019年03月

5
 要するにどんな絵本なの?しんぞうの壊れたロボットが、ゴミ捨て場で出会った青い小鳥によって、大きくその運命を変えられていく。希望と再生の物語。 おススメするポイントはどこなの?・献身、慈善の芽を心に育むきっかけとなる・無気力な時に、少しエネルギーをもらえ
『ロボットのような自分の心に灯をともす│【絵本】152『ロボットとあおいことり』』の画像

4
 要するにどんな絵本なの?森の一軒家に次々に妖しいシルエットの来客。その正体を1ページごとに楽しむ。 おススメするポイントはどこなの?・影絵のセンスが磨かれる・脳の中のクリエイティブな部分が刺激を受ける 文字量 少ない 読み聞かせ所要時間  4分 象徴的ひ
『強引さがクセになる!来客シルエットクイズに燃えよ│【絵本】151『とんとんとん だれですか』』の画像

4
 要するにどんな絵本なの?自分の家庭環境が変わると聞かされた少年の、心象風景を描いた作品 おススメするポイントはどこなの?・心理描写絵本として秀逸・子どもの気持ちに寄り添うきっかけになる 文字量 ふつう 読み聞かせ所要時間  5分 象徴的ひとことこれからは
『子どもの気持ちを可視化してくれた、親が読むべき作品│【絵本】149『かわっちゃうの?』』の画像

5
 要するにどんな絵本なの?おはなしを聞かせるのが大好きな、まっかな魚、フィアボは皆の人気者。ひとりの時間をこよなく愛した彼の前に一匹の魚が現れ... おススメするポイントはどこなの?・幸せの定義を見つめなおせる作品・絵本読み聞かせお父さんににピッタリな内容 
『結婚して"付き合いが悪い"と言われたら読もう│【絵本】148『フィアボ』』の画像

4
本能のままに"感じる"絵本だ。 獲物を見つけたライオンが、己の食欲のために走る、走る、疲れる、休む、待つ、眠る、起きる。 ラクダのほうも生き延びるために全力で走る、逃げる 、バテる。 会話はない。生への執着から本能のままに走り、生きる姿がダイナミックな画風とともに描かれている。
『ナショジオ好き必見。無駄を削ぎ落とした動物絵本の傑作│【絵本】146『はしれ はしれ』』の画像

5
3,000円します。クラフト感溢れるしかけ絵本だからと言っても、そこそこ高額に感じる親御さんは多かろう。しかし、このおばけやしきには、子どもはもちろん、親たち、おじいさんおばあさん、さらには世代を超えて孫たちまで半永久的にいつ何時でも何回でも訪れることができる
『生まれて初めて、わが子をおばけやしきに連れて行くなら│【絵本】143『おばけやしき』』の画像

↑このページのトップヘ