FullSizeRender

 要するにどんな絵本なの?
少年が街のあらゆるところで、かげをエンジョイする。

 おススメするポイントはどこなの?
・コミック調のイラストが親しみやすい
・童心に戻れる

 文字量 
少ない

 読み聞かせ所要時間 
4分

 象徴的ひとこと
みんな かげが あるんだよ

 絵本ハンターの鑑賞記録 
コミック調のイラストとコマ割りで、絵本よりもマンガに近いかもしれませんね。スイスイ読み進められます。
色遣いもキレイ。

子どもにとって、かげって比較的早い時期に気づく、もっとも身近な「ふしぎ」の代表ですよね。
ジャンプしてみたり、日陰に入ってみたり、水をかけてみたり、、なんとなくどうなるのか理屈はわかっているけど。。
誰もが自分の"かげ"と向き合ったことでしょう。

恥ずかしながら、自分は小学生の頃、全速力でダッシュしたらある時点でかげを引き離せるんじゃないか...本気でそんなことを考えていました。笑

 子どものつぶやき・反応実例
影が無くなることってあるの?

おうちの方へ(特にお父さま)- 留意事項

作者である武田さんの代表作と言えば、自身の実体験に基づくという『となりのせきのますだくん』ぜひ、こちらも読んでみてくださいね。