こども国語ブログ

「海外」を「貝外」と書いていた息子。 あまり本も読まない息子にピッタリの勉強法をあの手この手で模索する記録ブログです。

こども国語ブログ イメージ画像
「海外」を「貝外」と書いていた息子。
あまり本も読まない息子にピッタリの勉強法をあの手この手で模索する記録ブログです。

プレミアム感想文

5
3,000円します。クラフト感溢れるしかけ絵本だからと言っても、そこそこ高額に感じる親御さんは多かろう。しかし、このおばけやしきには、子どもはもちろん、親たち、おじいさんおばあさん、さらには世代を超えて孫たちまで半永久的にいつ何時でも何回でも訪れることができる
『生まれて初めて、わが子をおばけやしきに連れて行くなら│【絵本】143『おばけやしき』』の画像

5
読み聞かせはできないが、「親と子のコミュニケーション時間を作るツール」になりうるという意味では、この『MAPS』は立派な絵本であると言える。作者が世界42カ国を調べ上げまとめたその内容は圧巻の一言だ。開くと一面に広がる国とそこに関連した名勝、特産物、風土や文化
『俺が子どもの頃に欲しかった。もっと地理に興味を持ったに違いない! 番外【絵本】『MAPS』』の画像

5
絵本界のレジェンドなので、内容については多くを語ることはしません。ただ、一つ。この絵本に関してはBGMと一緒に歌うように読むのがとても良い!ことを力説したい。そもそも、そのことを気づかせてくれたのは、うちの子どものリトミック教室の先生でした。まだ少し斜に構え
『69『はらぺこあおむし』』の画像

5
みうらじゅんが作った「マイブーム」という造語。流行語大賞にもノミネートされたのが1997年。この絵本が発行された1977年頃にはまだそんな言葉は存在していませんが、間違いなく子どもだった自分にとっての”マイブーム”絵本でした。記憶はおぼろげですが、とにかくこの『
『番外『はんぶんちょうだい』』の画像

↑このページのトップヘ