こども国語ブログ

「海外」を「貝外」と書いていた息子。 あまり本も読まない息子にピッタリの勉強法をあの手この手で模索する記録ブログです。

こども国語ブログ イメージ画像
「海外」を「貝外」と書いていた息子。
あまり本も読まない息子にピッタリの勉強法をあの手この手で模索する記録ブログです。

ノスタルジック

4
 要するにどんな絵本なの?夏は大人も子どもも、巨大なすいかのプールに入るという空想絵本。 おススメするポイントはどこなの?・すいか好きの夢を体現している。・「本当にあったらこんな感じ」と思わせる描写 文字量 ふつう 読み聞かせ所要時間 6分 象徴的ひとこと
『真夏にややベトつく気もするが、まあいいか!│【絵本】264『すいかのプール』』の画像

4
 要するにどんな絵本なの?「上野(うえの)動物園」に対して、「したの動物園」。ダジャレのオンパレード動物園ですわ。 おススメするポイントはどこなの?・ダジャレは意外と右脳を刺激するのだと実感・こどもウケ抜群。リピート必至。 文字量 ・ふつう 読み聞かせ所
『まさにアンダーグラウンド動物園!│【絵本】263『したのどうぶつえん』』の画像

4
 要するにどんな絵本なの?ひな子と捨て犬の力丸。2人はある日公園で1人のおばあさんと出会う。力丸を眺めるおばあさんは、その目から大粒の涙を流しながら、ある1匹の犬のことを話しはじめる... おススメするポイントはどこなの?・愛するものを失った人たちに寄り添う内
『読み終えたら愛犬と散歩に出かけよう│【絵本】215『きみがおしえてくれた』』の画像

3
 要するにどんな絵本なの?漁港近くの小さな町の日常を おススメするポイントはどこなの?・ノンフィクション作家ならではの描写力・日本人の原風景に触れられる 文字量 ふつう 読み聞かせ所要時間  8分 象徴的ひとことおねえちゃんがやさしくなった 絵本ハンターの
『日本人の心の風景を描く郷愁名著│【絵本】136『くらす』』の画像

↑このページのトップヘ