こども国語ブログ

「海外」を「貝外」と書いていた息子。 あまり本も読まない息子にピッタリの勉強法をあの手この手で模索する記録ブログです。

こども国語ブログ イメージ画像
「海外」を「貝外」と書いていた息子。
あまり本も読まない息子にピッタリの勉強法をあの手この手で模索する記録ブログです。

友情

5
 要するにどんな絵本なの?孤独だったイグアノドンの初めての友人、翼竜のプテロダクチルス。はるか大昔に地球で初めで生まれた歌のおはなし。 おススメするポイントはどこなの?・詩的で、太古ロマンに溢れる・普遍的で。かつスケールが大きい 文字量 少ない 読み聞か
『太古ロマンポエムに目頭が熱くなる│【絵本】255『イグアノドンとちいさなともだち』』の画像

4
まもなくあの日、1995年の1月17日から数えて25年にもなるのですね。 実に6,434名もの命を奪った、阪神・淡路大震災。 大地震によって、誰よりも大きな大きな夢といのちを奪われてしまった少女。 たいちくんの目線で語られる、ゆずちゃんとの淡い思い出に、あなたは何を思うでしょうか。
『あの子が生きたかった今日を大切に│【絵本】163『ゆずちゃん』』の画像

5
 要するにどんな絵本なの?しんぞうの壊れたロボットが、ゴミ捨て場で出会った青い小鳥によって、大きくその運命を変えられていく。希望と再生の物語。 おススメするポイントはどこなの?・献身、慈善の芽を心に育むきっかけとなる・無気力な時に、少しエネルギーをもらえ
『ロボットのような自分の心に灯をともす│【絵本】152『ロボットとあおいことり』』の画像

3
 要するにどんな絵本なの?魔女の上空からの落し物を拾ってくれる動物たち。彼らは自分もほうきに乗りたいらしく... おススメするポイントはどこなの?・人に優しくすると、いつかかえってくることを肌で感じることができる。 文字量 多い 読み聞かせ所要時間 11 分 
『なんだか電車で席を譲りたくなってくる│【絵本】137『まじょとねこどん ほうきでゆくよ』』の画像

3
 要するにどんな絵本なの?お調子者の夏平くん。時には腹も立つけれど、スポーツや休み時間はキラキラしてる。そんな彼との学校での思い出。 おススメするポイントはどこなの?・友だちとの交流における喜怒哀楽を、なつかしく思い出させてくれる。 文字量 ふつう 読み
『小学校時代の友人は今、どこで何をしているんだろう│【絵本】134『夏平くん』』の画像

↑このページのトップヘ