こども国語ブログ

「海外」を「貝外」と書いていた息子。 あまり本も読まない息子にピッタリの勉強法をあの手この手で模索する記録ブログです。

こども国語ブログ イメージ画像
「海外」を「貝外」と書いていた息子。
あまり本も読まない息子にピッタリの勉強法をあの手この手で模索する記録ブログです。

大自然

5
 要するにどんな絵本なの?あらゆる動物の「逃げる」瞬間にスポットライトを当てた絵本 おススメするポイントはどこなの?・危機回避の方法は動物によってバラエティ豊かだと知れる・逃げることも立派な決断だと励ましてくれる。 文字量 少ない 読み聞かせ所要時間 3分
『戦略的"逃走"のススメ│【絵本】266『にげた!』』の画像

5
 要するにどんな絵本なの?深い絆で結ばれている男とライオン。しかし、飢餓のライオンは仲間のために、村の牛を襲う。男も仲間のために牛を守らなければならない。果たして... おススメするポイントはどこなの?・男のプライドと、美学を感じる・シンプルでも伝わるものは
『真似できるか?!気高き男たちの物語。│【絵本】261『ヤクーバとライオン 〈II〉信頼』』の画像

3
カタツムリの殻を取ってもなめくじにはならないらしいです!生物の授業をサボり気味だった自分にはお恥ずかしながら衝撃。。。 要するにあの殻はボディとして成立しており、内臓や栄養など詰まっているんですね。あたりまえかもしれませんが、こうやって知らない大人もいるんです。。
『チャレンジャーの末裔たちに塩をかけるな│【絵本】186『ガンバレ‼︎まけるな‼︎ナメクジくん』』の画像

4
本能のままに"感じる"絵本だ。 獲物を見つけたライオンが、己の食欲のために走る、走る、疲れる、休む、待つ、眠る、起きる。 ラクダのほうも生き延びるために全力で走る、逃げる 、バテる。 会話はない。生への執着から本能のままに走り、生きる姿がダイナミックな画風とともに描かれている。
『ナショジオ好き必見。無駄を削ぎ落とした動物絵本の傑作│【絵本】146『はしれ はしれ』』の画像

 要するにどんな絵本なの?ウミガメが卵からかえり、サバイバルを乗り越え、巡り巡って親となり卵を産む。 おススメするポイントはどこなの?・力強い生命の讃歌・子はいずれ親となるという当たり前を今一度教えてくれる。 文字量 少ない 読み聞かせ所要時間  4分 象
『まさにサークル・オブ・ライフ│【絵本】135『いけいけ どんどん!』』の画像

↑このページのトップヘ