こども国語ブログ

「海外」を「貝外」と書いていた息子。 あまり本も読まない息子にピッタリの勉強法をあの手この手で模索する記録ブログです。

こども国語ブログ イメージ画像
「海外」を「貝外」と書いていた息子。
あまり本も読まない息子にピッタリの勉強法をあの手この手で模索する記録ブログです。

絵が美麗

3
 要するにどんな絵本なの?草野球でボールを捕る瞬間の少年の気持ちを、言葉なしで描き切った絵本。 おススメするポイントはどこなの?・絵本を超えてアートブックの領域!・必ずしも「伝える」ために言葉は必須ではないと気付かせる 文字量 ー 読み聞かせ所要時間 2分
『一瞬の"心理状態"を絵で表現するという斬新さ│【絵本】260『ぼくに まかせて!』』の画像

4
よく幼い子や犬などの動物が、何もいない方向をぼんやりと眺めていて、「幽霊でも見えているの?!怖い怖い!!」みたいな話がありますが、雑念・邪念の少ない幼児や動物は感覚が研ぎ澄まされていて、量子レベルで何かを感じているみたいなことは十二分に考えられますよね。
『ブラックホールが存在するなら、この黒いのも存在してそう│【絵本】187『くろいの』』の画像

5
 要するにどんな絵本なの?少年の作った雪だるまが意思を持ち動き出す。 おススメするポイントはどこなの?・想像力のギアを最大限まで上げさせてくれる・言葉はなくても成立する凄みを体感できる 文字量 なし 読み聞かせ所要時間  3〜12分  象徴的ひとこと- 絵本
『あなたが作り上げる言葉の雪は、きっと消えずに残る│【絵本】100『スノーマン』』の画像

5
■超ショートあらすじ 庭先に落ちた宙に浮く小石の破片。ハナがそれを集めていくと。。 ■文字量 やや多い ■読み聞かせ所要時間 10分 ■この一言 それは、ハナが ずっと さがしていたものでした■大人の感想 鮮烈なデビュー作品だと思いました。木炭鉛筆で描かれたという、
『77『そらからきた こいし』』の画像

5
■超ショートあらすじ モノクロの世界に生きるコウモリが、カラフルな外界に憧れて自分を変えてみるが… ■文字量 ふつう ■読み聞かせ所要時間 6分 ■この一言 ルーファスは、じぶんをきれいに ぬりかえることにした。 ■大人の感想 示唆に富んだ作品だ。ひとつの閉ざされ
『73『コウモリのルーファスくん』』の画像

5
■超ショートあらすじいたずらマックスが夕飯抜きで部屋に放り込まれるも、かいじゅうたちのいるところへトリップする■文字量ふつう■読み聞かせ所要時間10分■この一言マックスは かいじゅうたちの おうさまを やめることにした。■大人の感想数十年生きてきて、いまだ
『68『かいじゅうたちのいるところ』』の画像

5
■超ショートあらすじ あきちゃんのお守り役のきつねのぬいぐるみ、こん。古くなってきたこんを直せるおばあちゃんに会いに、2人は大冒険に出かける ■文字量 多い ■読み聞かせ所要時間 13分 ■この一言 だいじょうぶ だいじょうぶ ■大人の感想 恥ずかしながら、この作品
『31『こんとあき』』の画像

4
■超ショートあらすじ暇をもてあました少年が「つまんないって、なんだろう」と想像を膨らませまくる。■文字量普通より少し多い■読み聞かせ所要時間8分■この一言そもそも「つまんない」って ことばは だれが かんがえたんだろう■大人の感想ヨシタケ節全開ですね。「つま
『29『つまんない つまんない』』の画像

3
■超ショートあらすじ虫の鳴き声に徹底フォーカス■文字量ある意味多い■読み聞かせ所要時間5~10分■この一言フイリフィリフィリリリリリー■大人の感想注目はむしろラストにある「さくいんとかいせつ」に掲載されている”虫のなき声の楽譜”ではなかろうか?ピアノを習いな
『28『なく虫ずかん』』の画像

↑このページのトップヘ